ak

ZEB(ゼブ)

ZEBとは?

Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で「ゼブ」と呼びます。
快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。 建物の中では人が活動しているため、エネルギー消費量を完全にゼロにすることはできませんが、省エネによって使うエネルギーをへらし、創エネによって使う分のエネルギーをつくることで、エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロにすることができます。

ZEBを活用した建物例

ZEBのメリット

ZEBを実現するメリットには、エネルギー消費量を削減すること以外にも様々なメリットがあります。具体的には、大きく4つのメリットがあります。

光熱費の削減

断熱性能の高い外壁や日射遮蔽に配慮した設備を有することにより、エネルギー消費量を減らし、建物の運用に係る光熱費(経費)を削減することができます。自社物件におけるメリットはもちろん、投資用物件においてもテナント誘致の競争力向上が見込めます。

快適性・生産性の向上

暖房や冷房の設定温度を高め・低めに設定するという我慢を強いることで達成する省エネではなく、自然エネルギーの適切な利用等による快適な温熱環境の創出によって、従業員の満足度向上、さらには生産性の向上も目指します。

不動産価値の向上

光熱費の削減による省エネルギーや、太陽光などによる創エネルギーにより地球環境に配慮し、社会的な要請でもある脱炭素社会の実現に寄与できる建物として、不動産価値の向上を見込むことができます。
ZEBのような環境・エネルギーに配慮した建物は一般的な建築物と比較しても 資産価値が増し、ひいては街の魅力も向上します。

事業継続性の向上

創エネルギーや再生可能エネルギー設備を設けることで、災害などのエネルギー不足時にも継続的な建物使用ができBCP対応も検討可能です。
地域の防災拠点としても貢献することができます。
建物の関係者には、オーナー、働く人、訪れる人など、さまざまな立場の人がいます。その立場により得られるメリットは異なりますが全ての人々に対してZEBのメリットは存在しています。
そのため、ZEBを実現・普及させるためには、各々の立場の人が自らのメリットを理解した上で協力していくことが必要です。

ZEB受注目標

アート建工は2025年に受注する設計業務、
コンサルティング業務のうち、
ZEBが占める割合を50%以上とします。